ウェブマスターオフィスアワー 2019年8月28日

ウェブマスターオフィスアワーYouTube

Japanese Webmaster Office Hours(ウェブマスター オフィスアワー 2019 年 8 月 28 日)

今後のイベント

3分10秒から
9/5アフィリエイター向けイベント。
⇒今回ゲイリーもたまたま日本にいるので連れて行こうと思っている。

9/12ウェブマスターカンファレンス札幌
⇒応募締め切り。一次募集は全員当選。URLと会社名のどちらも記入がなかった人はNGとなっている。当選者には連絡済み。
二次募集は抽選。ライトニングトークのスピーカーをブログで発表済み。

10/8 大分で金谷さんイベント参加
11月東京、大阪でイベント

ツイートから

8分05秒から
◆9/1からrobots.txtでnoindex、nofollowのサポート終了。
気を付けてください。

その他

8分50秒から
◆プロダクトエキスパートサミットにて鈴木謙一さんがクリエイターアワードを受賞。

◆今年の4月に発生したインデックスの障害に関する記事をブログに記載している。現在はまだ英語のみ。

◆今後、twitterで「#AskGoogleWebmasters」をつけて質問すると、その答えの動画をとっていくシリーズをジョンミューラーが始める。

質問回答

求人情報の構造化について

11分40秒から
日雇い派遣の場合、派遣と日雇いどちらのマークアップが適切?
日雇い派遣に対して派遣しか指定しなかったら手動対策の対応になるか?
⇒求人情報の構造化は複数のマークアップが可能。両方とも入れるのがいいと思う。
設定が不完全だから手動対策するとかではないので片方だけでも手動対策にはならない。

サイトリニューアル後の掲載順位

13分30秒から
サイトを二つに分けたものを運営しているがランキングに上がってこない。
下層ページに同じコンテンツが重複しているのが原因なのか。
⇒どうすれば上がるというのは言えないが、同じコンテンツがあるのであれば統一したほうがいい。

サーチコンソールで検出された外部リンク数の差異について

19分40秒から
サーチコンソールで検出された外部リンクが特定のドメインから2万件程度あり非常に多いが、エクスポートすると数百件しか出てこず、数に大きなかい離がある。
そういう場合Googleはどういう認識をしているのか。ペナルティになっていないか。
⇒ナビゲーションに入っているリンクの場合がある。数としては多いが、サーチコンソールからDLできるサンプルとしては表示していない。
今回のケースはまさにそのケース。手動対策の対象となったと考えるものではない。

検索エンジンに新しい単語を早く学習させる方法は?

25分25秒から
⇒Googleの認識しだいなので、こちらで何とかできるものではないと思う。
サイト内の表記を統一、他サイトにもその正式名称を使ってもらうなどの努力は必要だと思うが。
CMを打つなどして検索してもらうなど。
TITLE、h1、アンカーテキストなどにきちんとその言葉を入れる設計をして、このサイトはこの言葉について書いてあると認識させる。
Googleに認識してもらうだけの努力が必要。

重複として扱われ、インデックスされないURL

31分55秒から
⇒ツイッターでフォローするのでツイッターを見てください。

googlebotのレンダリングについて

34分10秒から
EC向けのCMSを利用している。レンダリングのライブテストを行ってもメインコンテンツが真っ白。jsを使っているから?最新のgooglebotは最新のJSをカバーするようになったはずだが、それでも読み込めていないという理解でよいか。なお、開発会社からはSSRには工数上できないといわれている。
⇒jsが読み込めていなかった。原因を深堀りはできなかったが、今の状況で判断すると、CMSの乗り換えが必要かも。
SSRにできないのであればダイナミックレンダリングという手法もある。
ダイナミックレンダリングが使えれば今のjsはそのままで使えるのでそれも検討してみては。
また、レンダリングテストをすればどのjsが使えないかがわかるので、それを製作会社に伝えてみたらどうか。

米国からの不正アクセスを遮断する方法

40分25秒から
米国のアクセスをブロックしたいが、googlebotは通す必要があると認識している。
UA制御だとクローキングにあたると思うが、IP制御であればクローキングに当たらない?
米国IPをブロックして、googlebotのIPを通すつもり。
IPの調べ方は以下のサイトを見ている
https://support.google.com/webmasters/answer/80553?hl=ja

⇒今回、ウェブマスターフォーラムのプロダクトエキスパート同士で議論したが、結構意見が割れた。

クローキングにあたる可能性が高い。
アメリカから日本人がこのサイトを検索した際にひっかからなくなると思うので、Googlebotは見れるけどユーザーは見れないからクローキングになってしまう。

クローキングとは、Googlebotがアクセスした際に見せる情報と、ユーザーに見せる情報が違うことがクローキング。
今回の件は技術的にはクローキングにあたる可能性が高い。ただ、この目的で行っていることを手動対策としてするかは別の話。
GoogleはIPで制御することを推奨していないので、海外のユーザーがそのサイトを見た場合のユーザビリティ(海外からは表示できない)を考えてみても、クローラーに対して違う動きをすることは好ましくない。

どういったものがベストプラクティスかはGoogleとしても検討していきたい。別途フィードバックしていきたい。

別の観点で、IPで制限する場合、通していないIPからクローラーが来てページが表示できないと、インデックスから消える可能性があるのでやめた方がいいと思う。

コピーサイトによって順位が下がった。

47分40秒から
ミラーサイトを作ることで意図的に他社を落とせるのではないか。
⇒コピーによって順位変動があったというのはあまり聞かない。
これはハッキングの問題なので、ハッキングレポートとしてGoogleに送るといいと思う。

古いオフィスアワーの情報は信用できるのか?

51分20秒から
⇒ケースバイケース。アルゴリズムの話はオフィスアワーではしていないので、そもそもそのあたりは特に気にしないでいいと思う。
ただ、例えばMFI以前と以降で全然話が変わってきたりとかもあるので、よくわからないなとかそういうのがあればフォーラムを使っていただき、それでも解決しない場合はオフィスアワーを利用いただければいいと思う。

TITLEに意図しない文字列が追加されている

53分15秒から
勝手に文言が書き換わって意図しない文字列が追加されているのはどうすればいいか。
⇒内部リンク、他のサイトで使われている言葉、アンカーテキストなどに影響を受けている。フィードバックを送るのがいいと思う。
作ったばかりのサイトはこういうことが起こりやすい。その場合、どこを拾ってきているかを調べて変えてみる。自社サイト内なら修正してみる。他社なら修正を依頼してみる。

次回オフィスアワー

9月後半

第二部:プロダクトエキスパートとの座談会

57分30秒から
◆今年の上半期の思い出
・ディスカバーがよく出るようになった。
・jsを知っておかないとSEOがつらくなってきた
・info:がなくなった
・prev/nextがなくなった
・featch as googleがなくなった
・サーチコンソールにドメインで登録できるようになった
⇒ドメインだとGAと連携できないというデメリットがある

◆SEOの担当者はマルチなスキルが必要だと思う。
他のもの(Google広告など)とかはそれぞれの専門家という色が強いが、SEOは一つのことではなく、幅広い知識が必要なので大変だと思う。

◆ampのメリット
急なアクセス増にも落ちづらい。(テレビで取り上げられたケースなど。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました