ウェブマスターオフィスアワー 2019年6月25日

Japanese Webmaster Office Hours(ウェブマスター オフィスアワー 2019 年 6 月 25 日)

◆求人情報の構造化データでの警告
構造化データで「項目「baseSalary.value.value」がありません」と警告が出る。問題ないはずだが。
⇒警告が消えないのはGoogle側の問題で消えない状態になっていたので担当チームに報告した。

◆複数商品の構造化データのマークアップ方法
商品のマークアップをしたもののリッチリザルトにならない。
⇒金谷さんが確認したところ商品のマークアップがされていない。

複数商品のマークアップはできるか?
⇒できる。ただし、商品の種類は1種類。例えば色違いとかならできる。飲み物、食べ物を複数1ページでマークアップのようなことはできない。

複数商品をマークアップした場合、どの商品が優先されるか
⇒通常通りアルゴリズムで判定され、最適なものが優先される。

◆FAQの構造化データを質疑応答で利用可能か?
一問一答のようなコンテンツでも利用可能か?
⇒問題なく利用可能。

◆GoogleはなぜJSON-LDを進めるのか。推奨している具体的な理由が知りたい。
⇒JSON-LDの方がパースがしやすいのでGoogleの理解が上がる。
ただ、推奨しているだけであってそれを使わないといけないということではないので、他のフォーマットを使っていただいても大丈夫。

◆無関係なしごと検索に表示されている
社名が一緒だが一切関係ないものに表示されている。
⇒担当チームにエスカレーションしたので(この会社に関しては)いずれ改善される。

◆サーチコンソールのレシピの表示がおかしい
リッチリザルトに出ていないのにリッチリザルトと表示される。
⇒サーチコンソールで出ているのであれば出ていたのだと思う。目視でみえなかっただけで、レポートに表示された回数は出ていたと考えられる。

◆chrome75における Loading=”lazy” 対応状況について
・インデックスされないなどの弊害がでるか?
⇒実装するだけでインデックスされるので問題ない。

◆既存サイトのサブドメインは7月以降MFIになるのか?
⇒あくまで新規ドメインの場合MFIがデフォルトになるので、既存サイトで新しく作る、サブドメインを切るなどは対象外。

◆MFIはサイト単位での適用?
⇒適用はサイト単位になっています。

◆MFIへの移行に関して
aaa.example.com(MFIの準備済み)
bbb.example.com(準備していない)
example.com(準備していない)
上記の状況の場合、すべての準備が整わないとMFIに移行しないのか?
⇒はい、そうです。
ただし、どこかのタイミングで一気に移行することがくると思うので、そのタイミングが来たら準備がされていなくても以降されると思う。

◆URL削除の継続期間
ヘルプには90日間削除されるとあるが、削除されない場合がある。どういう条件で削除状態が続き、どういう条件で戻るのか。
⇒GooglebotがURLにアクセスできなくなった場合、そのページは削除されたとみなされてブロックリクエストは終了する。

◆10万ページ以上のタイトル修正の反映期間について。
2週間以上たってもまだ反映されない。サーチコンソールで調べるとクロールはされているよう。反映にここまで時間がかかるものなのか。

⇒古いサーチコンソールにいくとクロールの統計情報が見れる。そこで1日にどのくらいクロールされているかがわかる。そこからどのくらいクローラーが来ているか目安がわかると思う。

◆日本語送り仮名による表記ゆれ対策
検索語の送り仮名のありなしで検索結果が変わることがあるのか?
⇒ある。
ただ、送り仮名の有り無しで検索意図がそこまで変わるとは思えないので、その差異が過剰にあるかGoogle側でも検証しようと思う。

◆品質評価ガイドラインについて
・検索評価ガイドラインを利用する評価者とは具体的にどのような人?
・検索アルゴリズムはどういうプロセスで日々改善変更されているのか?

⇒公開されている部分があるので、まずは以下を見てほしい。
検索の仕組み>googleの使命>ユーザーを最優先する
ブログ記事「検索品質評価ガイドラインの更新について」

⇒Googleがアルゴリズムを変更した結果がちゃんと改善されているのかを確認するために、品質評価者がこのガイドラインに沿って改善前、改善後の検索結果を確認して判断する。そういう評価をしている人。

◆日本全国のさまざまな自治体のホームページにバナー広告を掲載しているサイトがあった。この有料リンクはスパム扱いになりますか?
⇒有料でリンクを買っているのでガイドラインに違反している。やめてほしい。

◆サイトのテキストが無断で使用されている。
コンテンツがコピーされて大量に利用されている。そして、大量に被リンクを浴びている状況。ネガティブSEOになっていないか。
⇒海外のサイトがハッキングされてコピーされていると思う。そのサイトがクローキングを行っており、クローラーにだけは元サイトへのリンクを張っているのだと思う。
これは放置しておいて大丈夫。
ただ、例えばサイト名で検索して他のサイトが上位に来てしまうとかそういうことがあれば、通報をしてほしいが、その際はDMCAではなくハッキングの申請をした方が根本的な解決になるのでよいと思う。

◆Googleマイビジネスの口コミを引用可能か?
自身のウェブサイトに引用することはガイドライン違反か?
⇒Googleマイビジネスに問い合わせてもらいたい。

◆されないサイトリンクが生成されなくなった
昔は表示されていたが、SSL化してから表示されなくなった
⇒サイトリンクはGoogle側で作っているから特にアドバイスはない。

◆ローカルの検索はサーチコンソールに記録されるか?
⇒されます。

◆Googlebotのviewportの高さは?
⇒具体的にこのくらいというのは公開していないが、URLツールなどで調べてもらってある程度目星をつけてもらうことはできると思う。

◆エコシステムって何?
⇒人によってとらえ方が違う。
(文章に起こすのが難しいので、それぞれの考え方は動画をご覧ください。)

◆Discoverの画像は固定のもので大丈夫?
⇒大丈夫です。

◆カバレッジ「重複しています。送信されたURLが正規URLとして選択されていません」について
リダイレクト後のURLがインデックスされているが、リダイレクト前のURLがsitemap.xmlなどに残っているのではないか。リダイレクトを認識し終わっているので、元URLはsitemap.xmlから削除してしまって大丈夫。

コメント

タイトルとURLをコピーしました